鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第67回鹿児島県陸上選手権第2日
松田(鹿児島高)が大会新・男子ジュニアB走り幅跳び
120707男子幅跳び1_035

120707女子400H1_035
 第67回県陸上選手権大会第2日は7月7日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 男子ジュニアB走り幅跳びでは松田敬佑(鹿児島高)=写真上=が6m92で大会新記録を出した。女子四百障害では徳田はな(新潟医療福祉大)=写真下=が61秒5(手動)で連覇。女子走り幅跳びは高校1年の内之倉由美(甲南高)が5m49で制した。
 最終日は8日、同競技場である。


※成績の詳細はこちらへ!
120707男子幅跳び2_035
男子ジュニアB走り幅跳び ①松田敬佑(鹿児島高)7m18(+2・4m)※5回目の6m92(+0・8m)が公認最高で大会新
松田 「ライバルの間中(太亮・日大豊山)君が7m14を跳んでいたので、7m15以上の記録を出したいと思っていた。7m18跳べたのはうれしかったけど、追い風参考なのでイマイチ。この風なら30ぐらい出したかった。出場人数が5人しかいなくて順番が早かったので考えながら修正する時間がとれなかった」

120707女子400H2_035
女子四百障害 ①徳田はな(新潟医療福祉大)61秒5※手動
徳田 「3週間前に右のハムの付け根を肉離れして、ほとんど練習ができてなかったけど、2週間前の個人選手権で準決勝に進んだことで自信になった。この大会は鹿児島女の後輩も出ているし、きょうは母の誕生日だったので最高のプレゼントにしたいと思って気持ちが入っていた。この状態で62秒を切れたのは上出来。大学で1人暮らしを始めて環境の違いに戸惑うことも多いけど、刺激もたくさんある。今のテーマは1つ1つの大会に向けてコンディションをどうアジャストさせていくか。9月の全日本インカレでベストが出せるように頑張りたい」

120707三千障害_035
男子三千障害 ①武田国拓(鹿児島陸協・和泊町役場)9分47秒72
「五千の借り」を返す
武田(奄美新聞掲載)

 武田国拓(和泊町役場)が、鴨池では初挑戦となる三千障害を制した。「きのうの五千が思うように走れなかったので借りを返せて良かった」と胸をなでおろしていた。
 前日の五千では15分51秒85で15位と惨敗。雪辱を期した三障では、序盤3人で競り合っていたが、1000㍍の手前で「ペースが落ちた」のを感じて前に出た。「最後まで粘り強く」走り切り、出場選手でただ1人10分を切る9分47秒72で頂点に立った。
 三障のレース経験はほとんどないが「来年30歳になる前にいろんなレースにチャレンジしたかった」。島には三障用のハードルがなく、普通のハードルを使って飛び越える練習しかしていない。水濠は「ぶつけ本番でした」と苦笑する。初めてのチャレンジで「脚筋力もついたと思う。タイムもまだいけるので九州選手権も頑張りたい」と張り切っていた。

120707女子200_035
女子二百 ①大漉真衣(川薩清修館高)25秒3 ②森奈津美(隼人中)25秒3 ③岩坪由紀(鹿児島大)25秒3※手動

120707男子200_035
男子二百 ①木原真人(新潟医療福祉大)22秒0※手動

120707女子幅跳び_035
女子走り幅跳び ①内之倉由美(甲南高)5m49

120707女子四継_035
女子四継 ①鹿児島女高(一ノ宮、山口、八木、内村)48秒11 ②川薩清修館高(溝上、本村、大漉、橋元)48秒79 ③出水高(安慶、前原、田代、時吉)49秒02

120707男子四継_035
男子四継 ①鹿児島大(麓、吉田、鳥海、西方)42秒12 ②志学館大(本田、佐抜、井之上、牛島)42秒31 ③鹿児島南(大平、越川、西田、川畑)42秒33

スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/704-8f6f4d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック