鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球夏2012第9日
伊集院、1点守り切る
指宿は逆転勝ち

120716-10伊集院勝利_035
【2回戦・伊集院―鹿屋工】鹿屋工打線を完封した伊集院・大迫(右)=鴨池市民
120716-7錦江湾6点目ホームイン_035
【2回戦・錦江湾―与論】3回表錦江湾一死二三塁、桑畑の犠飛で三走・宮永が生還、6-0とする=県立鴨池

 第94回全国高校野球選手権鹿児島大会第9日は7月16日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で2回戦6試合があった。
 第10日は17日、両球場で2回戦6試合がある。


16日の結果
・2回戦(県立鴨池)
加治木 9-0 市来農芸(7回コールド)
錦江湾 8-0 与論(7回コールド)
指宿 4-2 鶴翔
・2回戦(鴨池市民)
徳之島 7-0 蒲生(7回コールド)
川内商工 7-0 隼人工(7回コールド)
伊集院 1-0 鹿屋工

17日の試合
・2回戦(県立鴨池)
9:00 ラ・サール―川内
11:00 国分中央―鹿屋中央
13:00 出水商―串良商

・2回戦(鴨池市民)
9:00 南大隅―志学館
11:00 加世田常潤―武岡台
13:00 種子島―薩南工


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第9日の結果報告はこの文字をクリック!
伊集院―鹿屋工戦はこの文字をクリック!
蒲生―徳之島戦はこの文字をクリック!
錦江湾―与論戦はこの文字をクリック!
◇2回戦③(鴨池市民) 伊集院1-0鹿屋工
120716-1鹿屋工併殺_035
鹿屋工、併殺プレー
120716-2伊集院大迫_035
伊集院の先発・大迫
120716-3伊集院野手_035
伊集院、ベンチ前
120716-4鹿屋工円陣_035
鹿屋工、円陣
120716-5伊集院円陣_035
伊集院、円陣
120716-6鹿屋工村山_035
鹿屋工のエース村山
120716-7鹿屋工ベンチ前_035
鹿屋工、ベンチ前
120716-8鹿屋工ベンチ前_035
鹿屋工、ベンチ前
120716-9鹿屋工ベンチ_035
鹿屋工、ベンチ


◇2回戦①(鴨池市民) 徳之島7-0蒲生(7回コールド)
「島を盛り上げたい」
徳之島(奄美新聞掲載)

 初戦、2回戦と快勝して意気上がる徳之島だが、頭を悩ますのが滞在費だ。古市幸司部長は「支払いを考えるとゾッとしますよ」と苦笑する。
 6日のフェリーで島を出発して、雨で試合が3日伸びたこともあって16日までに9泊した。3回戦は19日の予定だから、最低でも12泊はしないといけない計算になる。部員はマネジャーも含めて27人で監督、部長、副部長と合わせて30人。宿泊費は1泊5000円で、往復のフェリー代が1万6000円。単純計算しただけでも200万は超える額になる。一部は学校からの補助も出るが、ほとんどが部員各自の自己負担。勝ち進んだが故の「うれしい悩み」だが「切実な悩み」であることも確かだ。古市部長は「中学野球のオール徳之島が九州3位で島が盛り上がったように、高校生も負けずに勝ち進んで島を盛り上げたい」とやるからには上を目指す覚悟を決めていた。

120716-1徳之島大久_035
徳之島、先発の大久
120716-2徳之島盗塁_035
徳之島、盗塁
120716-3徳之島1点目_035
徳之島1点目
120716-4徳之島永_035
徳之島、2番手の永
120716-5徳之島4点目_035
徳之島4点目
120716-6徳之島6点目_035
徳之島6点目
120716-7徳之島7点目_035
徳之島7点目


◇2回戦②(県立鴨池) 錦江湾8-0与論(7回コールド)
緊張、プレッシャー…持ち味出し切れず
与論・貴志投手(奄美新聞熱球譜)

120716-4与論_035
 「『ザ・島の子』って感じです。バネがあって手先が器用。加えてタフ」

 内村文彦監督はそう絶賛する。それだけに「自分の持っているものに自信をつけさせてやれないままで、終わってしまったのが残念」と唇をかむ。
 昨夏以来1年ぶりとなる鴨池での試合だった。1年生9人が入ったことで、ようやく試合に出られるようになった。6月の地区大会では、延長十四回で大島北に競り勝ち「無四球で勝てたことが自信になった」()。
 だが先頭打者に四球を出したことで、自信に「狂い」が生じた。初戦の緊張感、周囲の期待に応えたいというプレッシャー…かけていた想いが空回りして、「地に足をつけた野球」(内村監督)ができなくなる諸条件に飲み込まれた。気がつけば三回で6失点。跳ね返すには重い点差だった。
 気がつけば終わっていた試合の中でも、やってきたことを出せた場面はあった。自らも1本ヒットを打ち、チームで8安打放った。「『当てる』打撃じゃない。ファーストストライクからしっかり振り切って相手の外野を下がらせる打撃」。内村監督の教えを実践できた。四回からの投球では勢いのある直球と、抜いた変化球のコンビネーションなど、「持っている力」の片鱗はみせることができた。
 1年生が入ってくるまでは2、3年生5人だけだったが「少人数だからこそできる練習」を心掛けてやってきた。少人数でもひたむきに野球に取り組む姿を、学校や島の人たちは惜しみなく応援してくれた。「テレビに映るのを楽しみにしているよ」。そう言って送り出してくれた島の人の期待に応えられなかったことに涙が出た。だが「3年生4人と精一杯のことをやったから悔いはない」。涙を振り払ってそう言い切った。

120716-1錦江湾1点目_035
錦江湾1点目
120716-2与論円陣_035
与論、円陣
120716-3与論盗塁_035
与論、盗塁
120716-5錦江湾平岩_035
錦江湾のエース平岩
120716-6錦江湾6点目_035
錦江湾6点目
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/716-27a305ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック