鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2012第6日
薩南工、市来農芸、終盤力尽きる
川内商工は完封勝ち

120927-11伊集院6点目_035
【2回戦・大島―伊集院】8回表伊集院一死、新井(左)がソロ本塁打を放ち、6-2とする=鴨池市民

 第131回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第6日は9月27日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、姶良市の姶良球場の3球場で2回戦8試合があった。


27日の結果
・2回戦(県立鴨池)
屋久島 8-0 錦江湾(7回コールド)
岩川 14-13 市来農芸
樟南 1-0 薩南工
・2回戦(鴨池市民)
伊集院 6-3 大島
国分 9-3 徳之島
鹿児島中央 9-2 吹上
・2回戦(姶良)
川内商工 3-0 鹿児島商
甲南 7-2 鹿児島玉龍

28日の試合
・3回戦(県立鴨池)
9:00 神村学園―垂水・串良商・南大隅
11:00 枕崎―大口
13:00 鹿児島実―尚志館
・3回戦(鴨池市民)
9:00 鹿児島水産―種子島中央
11:00 れいめい―加治木工
13:00 鹿屋―指宿商


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第6日の結果報告はこの文字をクリック!
大島―伊集院戦はこの文字をクリック!
川内商工―鹿商戦はこの文字をクリック!
徳之島―国分戦はこの文字をクリック!
鹿中央―吹上戦はこの文字をクリック!
相手のミスにつけ込めず・大島
チームでカバーできず・徳之島(奄美新聞掲載)

120927-1大島1点目_035
【2回戦・大島―伊集院】1回裏大島一死一塁、4番・藤原が先制の中越え二塁打を放つ=鴨池市民

120927-18徳之島3点目_035
【2回戦・徳之島―国分】3回表徳之島無死二三塁、2番・盛の中前適時打で三走に続いて二走・西(左)も生還、3―1とする=鴨池市民


 大島地区大会優勝の大島と準優勝の徳之島は、いずれも先制しながら流れをつかみきれず、痛い初戦敗退となった。
 大島―伊集院戦は、五回まで両者とも攻守にミスが相次ぐ我慢の展開だった。痛かったのは五、六回と相手のミスでチャンスを作りながら、畳み掛けられなかったことだ。
五回は1点差とし、なお一死一塁の好機に1番・松田賢斗主将がセーフティーバント。三塁手の悪送球を誘い、一三塁と一気に流れを引き寄せかけたが、一塁カバーに入った相手二塁手が素早く三塁に好送球し、オーバーランした走者はタッチアウト。一塁に残った松田主将もけん制で挟まれてアウトになり、追加点が奪えなかった。六回一死満塁のピンチも併殺で生かせなかった。
 逆に相手に揺さぶられて七回に追加点を許した。渡邉恵尋監督は「お互いにミスがあった中で、相手はうちのミスにつけ込み、こちらはつけ込めなかった。その差が出てしまった」と悔しがる。松田主将は「先制したことで逆に緊張してしまった」と振り返り、島で再び出直すことを誓っていた。
 徳之島にとっては悪夢の五回裏だった。先発のエース永、リリーフに送った大山ともに制球が定まらず、この回だけで5四球を与えた。内野の守備もリズムが狂い、記録に残るエラーは1つだが、ヒットになった当たりも本来なら野手がカバーして、アウトにできた打球がほとんどだった。打者12人で8失点は重いビハインドだった。
 「チーム力の欠如」を田村正和監督は敗因に挙げる。この夏快進撃したチームは、前元という投手の柱がいて、守備の堅いチームだった。前元の調子が悪くても、野手がカバーしてピンチをしのいで勝ち上がるチーム力があった。その野球を経験した「当事者」も多数残っている新チームだったが、肝心のチーム力が育っていないことを露呈した敗戦だった。
 田村監督は、まずはリズムを作れなかった投手陣に奮起をうながし「チームの柱になる選手が出てきて、こういう苦しいゲームを拾えるチームになろう」とナインに檄を飛ばしていた。
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/777-c0735c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック