FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋
奄美新聞
※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 秋の九州高校野球県予選の決勝は鹿児島情報と尚志館が対戦し、鹿情報が2―1で競り勝って初優勝を勝ち取った。
 奄美や県外の人にはあまり馴染みのない名前だが、実力は本物だ。鹿情報は2年からエース番号を背負う長身エース、勝負強い中軸打者がいて「投手を中心に失点を少なくして守り抜く」野球が持ち味だ。打撃全盛の時代に、地味で忍耐力を擁する野球だが、そういう野球に、選手たちは自信と誇りを持っている。
 尚志館は今大会、神がかり的な勝ち上がりだった。3回戦でV候補筆頭の鹿児島実を破り、鹿児島城西、神村学園と強豪を撃破して九州大会出場を決めた。強力打線に加え、準決勝ではピンチをことごとく救った守備のファインプレーが印象的だった。水泳平泳ぎで世界新記録を出した山口観弘選手(志布志高)に続き、地元・志布志や大隅半島にとっても朗報だったことだろう。
 今大会の奄美勢は喜界の3回戦進出が最高成績だったが、野球の実力でこの2校や他の上位校に見劣りするとは思えなかった。
 最終的な勝負を分けるのは「欲」の差だ。「勝ちたい」「負けたくない」「甲子園に行きたい」という欲をどれだけ大きく持って、日々の練習を積み重ねられるか。「良い試合」をしても「あと一歩」で及ばない戦いを乗り越えるカギはそこにある。来春以降の奄美勢の「捲土重来」に期待している。
スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/787-74a7776a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック