鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
プロ野球ドラフト会議2012
柿澤(神村学園高)が楽天から6位指名!
「1年目からやる!」

121025神村柿澤_035
 神村学園高の柿澤貴裕が楽天から6位指名を受けた。夢のプロ野球選手への扉を開き「人生で一番うれしい日。これまで支えてくれた人への感謝を忘れず、1年目から活躍できる選手になりたい」と意気込みを語った。

121025神村柿澤2_035
 会議が始まってからは、野球部寮で3年生のチームメートと「吉報」を待った。「下位指名だと聞いていたので、本当に指名されるか不安だった」という。第1報はドラフト会場にいた母・成美さんから電話で届いた。
 楽天については「球界を代表するエース田中投手がいてレベルの高いチーム」との印象。投手、打者の両方で活躍が期待されるが、本人は「ずっと投手をやっていたので、できれば投手としてやっていきたい」と希望する。「1球目から強気の直球勝負が自分のスタイル。ただ今のスピードではプロではまだ通用しないので、身体作りから頑張っていきたい」と抱負を語った。中等部時代の恩師・小田大介監督から渡されたボールには恩師の言葉である「凡事徹底」と書いた。
121025神村柿澤3_035

121025神村柿澤4_035
 同校出身のプロは野上亮磨(西武)に続いて2人目で、同校から直接プロに行くのは初めて。山本常夫監督にとっては教え子のプロ第1号。「身体能力は並外れたものを持っている。今までよりももっと厳しい世界に飛び込むけど、頑張って良い知らせが届くことを期待している」と喜びを語った。チームメートの新納真哉(笠利中出身)は「自分たちの代からプロ選手が出たことがうれしいし、尊敬している。プロでも活躍して欲しい」とエールを送っていた。

121025神村柿澤1_035
 【プロフィール】かきざわ・たかひろ。1994年7月30日生まれ。小学1年から野球を始め、高校では2年夏、3年春、同夏と3季連続甲子園出場を果たし、最後の夏はエース、4番打者、投打の主軸として活躍した。最速148㌔の直球に加えて多彩な変化球を持ち、打者としても高校通算28本塁打を放つなどスイングスピードの速さと勝負強さに定評がある。179㌢、80㌔
スポンサーサイト

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/802-dda67411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック