FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
JBL2・2012-13第11週最終日
レノヴァ、5連勝!
豊田通商に勝ち越す!

121224レノヴァ勝利_035
 男子プロバスケットボールリーグの日本リーグ2部機構(JBL2)2012―13シーズン第11週最終日は12月24日、全国各地であった。レノヴァ鹿児島は鹿児島市の県体育館で豊田通商と対戦。78―67で勝利し、連勝を5に伸ばした。今季の豊田通商との対戦成績を3勝1敗と勝ち越した。
 レノヴァの通算成績は13勝5敗でウエスタンカンファレンスの2位をキープ。第12週は1月19、20日にあり、レノヴァは石川県金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで石川ブルースパークスと対戦する。


◇第11週最終日
レノヴァ鹿児島 78-67 豊田通商
(15-12、14-20、19-17、30-18)


※詳しい熱戦フォトグラフがフェイスブックでもお楽しみいただけます!
「最高のクリスマスプレゼント」
トゥギャザー=一体感の勝利
レノヴァ

121224レノヴァ11_035
 レノヴァが「最高のクリスマスプレゼント」(近忍)をホームの観客に届けた。
 前日とは逆に追いかける時間帯が長く続いたが、内容は前日よりもはるかに磨かれていた。前日以上に苦しかったゲームをものにできたのは、選手が強い気持ちを最後まで持ち続け、マイケル・オルソン・ヘッドコーチが常日頃から言い続けている「トゥギャザー=一体感」のあるバスケットができたからだ。
 選手の成長を印象付けたプレーが、第3ピリオドにあった。立ち上がりからターンオーバーの連発で点差をつけられ、チームに不利な主審の笛が鳴り続けた中、残り約3分に、ベンチの選手たちがエキサイトしすぎて、テクニカルファールを取られた。反撃ムードもしぼむかと思われたが、選手たちの表情に悲壮感がなく「切り替えていこう!」と前向きな声が、コートからもベンチからも聞こえた。
 「やってはいけないことだけど、ベンチにいる選手たちも、自分たちと同じ熱い気持ちでいてくれていることが感じられたから、そこで気持ちが沈むことはなかった」
121224レノヴァ51点目_035
 西堂雅彦は言う。この後に2本の3ポイントを沈め、追い上げのキーになった近は「前日エキサイトしすぎたのを反省し、切り替えることだけを意識した」。第4ピリオド開始早々に3本目を決めて=写真=試合をひっくり返した。
 目立って活躍したのは3ポイント4本を含むチーム最多16得点を挙げた近だが「1人、1人がそれぞれの役割を果たした結果」と中園隆一郎主将は勝因を語る。守備で獅子奮迅の働きをした西堂は、後半相手の3ポイントに対して、手を目いっぱい伸ばすと240㌢になる「巨体」を生かしてハンドチェックに行き、相手の視界を遮った。松永や伊藤の献身的な守備が、相手のエースガード宮崎のリズムを狂わせた。ジョンソンやヤングのリバウンドが、ここぞという場面を踏みとどまる力になった。マイケル・レノヴァの成長と、後半戦の更なる進化に期待を抱かせる今年のラストゲームだった。


【熱戦フォトグラフ】
121224レノヴァ06_035

121224レノヴァ09_035

※詳しい熱戦フォトグラフがフェイスブックでもお楽しみいただけます!
スポンサーサイト



テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/854-4c85ebb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック