鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
ビッグバン通信・第8号
フェイスブックが大活躍!
121231-3.jpg
店員日誌 2012年12月31日

 2012年の年の瀬は、久しぶりにビッグバンに入って店員やっていました。
 8月に始めたフェイスブック(FB)で試しに

「正月連チャン勤務になってしまう母親の代わりに、本日夕方まで店員やってます。よかったら遊びにきて下さい!*\(^o^)/*」

 と書きこんだら、うれしいことに高校の同級生だった柳君が自分の子供さんと、お姉さんの子供さんと5人で遊びに来てくれました!

 ちょうど家族でカラオケにでも行こうかと思っていたら、うまい具合に僕の書き込みを見て、連絡をくれました。柳君は今、広島にいて、FBで「再会」してたまに連絡を取っていましたが、実際に会うのは10年以上ぶりぐらいです。こちらは仕事中だったので、中々会話することはできませんでしたが、帰省中の貴重なひと時を楽しんでもらえたようで何よりでした。
 こんな風に役立ったのをみても、FBが近年爆発的にヒットする理由が分かります。自己責任で自分の素性を公開することで、これまで中々連絡が取れなかった人同士の交流が始まることが第一歩。僕も高校や大学時代の同級生、先輩、後輩でなかなか会えないような人たちとたくさん「再会」できて「交流」の輪が広がりました。
 自分の「友達」の情報がリアルタイムで入ってくることで、今回のようなこれまでなら間違いなくありえなかったようなことが実現するのも魅力のひとつです。いろんなイベントなどの人集めをするのにFBが重宝される理由が実感できました。

 ならば「ビッグバン」でお店のFBを始めるのも面白いかもしれませんね。お店にかんする情報を発信したり、お客さんとのコミュニケーションを深めるのに大いに役立てそうな気がします。
 「こんな歌が今流行っています」とか「こんなメニューを考えました」とか「◎月◆日にイベントをやります」とか…お店からの情報だけでなく、お客さんが盛り上がっている様子や、うちの売りである「もつ鍋」や「コース料理」でパーティーをしているところなどを写真に撮ってアップする(当然、許可を頂くのが大前提ですが…)ことで思い出づくりに貢献したりとか、いろいろアイディアが浮かんできます。検討してみたいアイディアです。

 きょうは午後3時ぐらいから夕方にかけて、盛況でした。前述の柳君のような家族連れが多かったです。昨年、一昨年と大みそかは、売り上げも平日より少し良いぐらいしかなかったのですが、きょうはお昼の時間帯だけで昨年、一昨年に匹敵するぐらいの売り上げがありました。政権が代わって、景気浮揚への期待感の表れなのか、天文館あたりも29、30日は盛況だったとか。まぁ、そう短絡的にはいえないのでしょうが、カラオケを歌って少しでも明るい、前向きな気持ちで新年を迎えたいと、うちに来ていただけるお客さんが増えたのだとしたら、うれしいことです。

121231-4.jpg
 店内にはレノヴァ鹿児島やFC鹿児島、ヴォルカ鹿児島と鹿児島で活躍するチームのポスターが貼ってあります。店長がスポーツ好きなので、サッカーの代表選があるときなどは、通常はミュージックビデオなどをながしているロビーのモニター画面を、スポーツ中継に切り替えています(笑)!


カラオケ「Big Bang」
鹿児島市下伊敷1-38-2 
クラスター伊敷2F
(玉江小、県立短大近く)
電話 099-220-2828

DSC_0001-1_030.jpg
スポンサーサイト

テーマ:☆経営のヒント☆ - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/861-69f79304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック