鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第4回甲南クラブカップ
広がれ! ラグビーの「輪」
世代を超えてラグビーで交流
甲南クラブカップ

130106甲南ク03_035
 ラグビーの第4回甲南クラブカップが1月6日、鹿児島市の県立鴨池緑地公園であった。昨年までは社会人クラブの甲南クの「初蹴り」を兼ねた紅白戦だけだったが、今年は小中学生の鹿児島ジュニア、志学館大ラグビー部も参加し、クリニックや対抗戦を組んで、世代を超えた交流の場になった。企画した森下大輔監督は「ラグビーの普及・育成も兼ねて、鹿児島のラグビーの輪が広がった」と話していた。


※詳しい熱戦フォトグラフがフェイスブックでもお楽しみいただけます!
130106甲南ク01_035
 午前中のクリニックでは、甲南クのメンバーが鹿児島ジュニアの小学部、志学館大が中学部の指導に当たった。中学部では、大学生3人、中学生5人でスクラムを組むなど身体をぶつけあった。胸を借りた中学部の孝成洲副主将は「大学生は身体も大きくて力強い。僕もあんな選手になりたい」。胸を貸した志学館大の濵園龍平主将は「自分は高校からラグビーを始めたので、小さい頃から始めていればもっとうまくなれたかもしれない。こういう機会をどんどん増やしていきたい」と感想を話していた。
130106甲南ク08_035

130106甲南ク02_035
 小学部では、子供たちに甲南クのメンバーが混じってミニゲームなどで盛り上がった。小学部の手蓑隆人主将は「大人の人たちは球出しが速くて、振り回された」と感心した様子。甲南クの壽二郎選手(篠川中出身)は奄美帰省から戻ったその足で参加した。「小学生にどう教えていいか分からなかったけど、子供たちが笑顔だったのが良かった」と喜んだ。「高校でラグビーを始めて、いかついラグビーしか知らなかったけど、楽しいラグビーが新鮮に感じた」と感想を話した。
130106甲南ク10_035
 午後からは鹿児島ジュニアと鹿屋・霧島・ビートル連合チームによる中学生の交流戦、甲南ク、志学館大も交えての紅白戦など、終日ラグビーでにぎわった一日になった。

130106甲南ク09_035

※詳しい熱戦フォトグラフがフェイスブックでもお楽しみいただけます!
スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/866-3a87c497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック