鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
プロのトレーナーが教える体作り
プロトレーナーがトレーニング指導
130203トレーニング01_035
 「プロのトレーナーが教える体作り」と題したセミナーが2月2、3日の両日、鹿児島市内であった。ヤクルト、中日、近鉄などのプロ野球チームトレーナーをしていた山脇啓司さん=写真=らを講師に、2日間で講義と実技指導を行い、野球選手、指導者や医療関係者らのべ約100人が参加して研さんに励んだ。

130203トレーニング02_035
 企画したのは市内で鍼灸院を営む脇田喬さん(鶴亀堂鍼灸院院長)、アスレチックトレーナーの加治屋杏子さん(Bridging代表)ら。昨年5月に1回目を開催した際には、鍼灸師や医療関係者が対象だったが、今回は「より現場の指導者や選手に役立てるものを」(脇田さん)と準備を進めてきた。小中高の野球選手ばかりでなく、高校の柔道や剣道、中学のテニスの選手や指導者も参加者に名を連ねた。初日は市内の宝山ホールで主に投球動作や投球障害に関する講義、2日目はNCサンプラザで、実際のトレーニング方法などを紹介した。
 山脇さんは「投球動作とトレーニング」をテーマに、様々な科学的データに基づいた「機能的に身体が使えるようになる」トレーニング方法などを紹介した。
130203トレーニング03_035
 投球フォームが崩れる際には、フォーム自体の問題よりも「運動連鎖のどこかに問題が生じている場合が多い」という。「正しい姿勢でトレーニングをしないと効果がない」ことを力説し、正しい姿勢を作るためのチェックポイント、胸郭や肩甲骨、股関節の柔軟性を高めたり、インナーマッスルを鍛えるトレーニング方法などを紹介した。「器具を使わなくてもできるトレーニングはたくさんある。上半身、下半身の使い方は柔道や他のスポーツにも共通する部分がある」(山脇さん)。
130203トレーニング04_035

130203トレーニング05_035
 「プロのトレーナーが来て、時間をかけて指導する機会はこれまであまりなかったのでは。選手や指導者のレベルアップにつなげてもらえれば」と企画した脇田さん。参加した志布志高野球部の塗木哲哉監督は「ちょうどテーマにしてやっていることで、普段からやっていることとリンクする部分も多かったので、選手たちも身体やトレーニングに関する興味関心がより高まったと思う」と感想を話していた。

130203トレーニング06_035

130203トレーニング07_035

スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/897-a655fedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック