鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
県下一周駅伝開会式(奄美新聞掲載)
県下一周、きょう号砲
大島、CクラスVへチーム一丸
武田主将が選手宣誓

130215大島チーム_035
 第60回県下一周市郡対抗駅伝大会は2月16日に開幕する。15日は鹿児島市の南日本新聞社みなみホールで開会式があり、大島のメンバーらも参加して「還暦」を迎えた大会への意気込みを新たにしていた。

 大会は20日までの5日間、53区間588・6㌔の薩摩・大隅路で、県下12地区のランナーたちが郷土の期待を背に健脚を競う。今回は60回の節目の大会ということで初日の第1区は特別区間となり、男子中学生2人、女子、シニアの4人がタスキをつなぐ。
 開会式では大島の武田国拓主将が「新たな歴史を刻む大会。昨年の台風災害にあった奄美の人たちの復興と日本が元気になることを願い、日本復帰を目指した先人たちに想いを馳せながら走る」と宣誓した。総合優勝争いは連覇を狙う川辺に、総合力の高い姶良、鹿児島の3強が軸になる模様。前回9位で、目標のBクラス死守を果たせなかった大島だが、「Cクラス優勝」と「Bクラス入り」を復帰60周年大会に期す。
 大島在住のメンバーは、15日の午前中に空路で鹿児島入り。本土在住のメンバーとも合流して「特に風邪をひいている選手もいないので、一安心」と備博典監督。今回は前回大会チームの主力だった社会人2人、大学生1人の3人が仕事の都合などで参加できず、戦力的には厳しい戦いになりそう。だが、前回大会を経験した平(鹿実高)、三浦(同)、國島(鶴翔高)、森(鹿商高)ら高校3年生が、本土強豪校でもまれ力をつけてきているのが好材料。これに武田主将(和泊町役場)、新戦力の愛甲(県沖永良部事務所)、ふるさと選手の松下(そおリサイクルセンター)、伸び盛りの第一工大勢らの総力を結集して、目標達成を目指す。備監督は「初日で流れを作る。特別区間で勢いをつけ2区以降につなぎ、2日目以降もその流れを継続したい。5日間、全選手が持てる力を100%出し切り、チーム一丸で戦う」と意気込みを話していた。
 16日は午前9時、鹿児島市役所前をスタートし、南さつま市役所までの11区間(※第1区は特別区間)129・3㌔で争われる。


2分9秒の「熱弁」
大島・武田主将

130215選手宣誓_035
 開会式の選手宣誓は、大島の武田国拓主将(和泊町役場)が務めた。奄美の本土復帰60周年、郷土の期待、60回を数える大会の歴史、災害にあった奄美や東北の復興…様々な「想い」を込めた宣誓は「計った人によると2分9秒だったそうです。緊張したけどちゃんと言えて良かった」と安どの表情を浮かべた。
 1カ月前に「大役」を言い渡され、妻の美幸さんら家族と相談しながら、文言を考えた。特に思い入れがあったのは「新しい歴史を刻む大会に特別区間が設けられ、世代を超えて参加できる喜び」と「日本復帰に尽力した先人たちへの敬意」だった。
 今回から主将に抜擢された。沖永良部からも、過去最多の7人の選手・スタッフがチーム入り。普段は各島々と、本土と分かれての練習になるが、フェイスブックを使って情報発信をするなど工夫をこらし、チームの結束力を高める努力をしてきた。「大島チーム全体が底上げできている。ブレーキを作らないように、全員の力を合わせてCクラス優勝したい」と大会への意気込みを語っていた。

「チームに貢献したい」
特別区間の4選手

130215特別区間_035
 初日第1区の特別区間を大島は、喜屋武椋(小宿中)、有馬ほのか(鳳凰高)、白井慎介(奄美市役所)、南俊希(和泊中)の4人が走る。「チームに貢献したい」それぞれの意気込みを語った。
 特別区間1区(3㌔)の大役を担う喜屋武は「15年間育ててもらった奄美への恩返しと、奄美へ希望を与える走り」を期する。3年生の1年間は故障などで満足な走りができず、自己ベストを出していないだけに、中学最後の大舞台で「雪辱」して高校での走りにもつなげたいところだ。
 有馬は「女子でただ1人選んでもらったことの感謝」を最長区間の2区(3・9㌔)に込める。先月の地区対抗女子駅伝でも活躍し、調子は上がっている。「初日の2区以降や、5日間の走りに良い流れを作れるよう、自分の走りをしたい」。
 14年ぶり3回目の出場になる白井は「序盤でしっかりスピードの乗れること」をポイントに挙げる。シニアの3区は2・4㌔と距離は短いが「昔のイメージでいってしまうと、身体がついていかない。自分のペースをしっかり作っていきたい」
 中学男子の4区(3・6㌔)は上り坂のあるコース。任された南は、中学では野球部で投手だったが、高校では陸上をするという。「調子は悪くない。上り坂でもしっかりと粘りの走りをする」と燃えていた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/907-195643dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック