FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球夏2020大島地区大会最終日
徳之島、大島が決勝Tへ!
KAPLI

 2020鹿児島県夏季高校野球大会大島地区大会最終日は7月9日、徳之島町の徳和瀬球場で代表決定戦2試合があった。
 徳之島は序盤で挙げた6得点を守り切り、奄美の追い上げを振り切った。大島は攻守がかみ合い、沖永良部に快勝した。徳之島と大島が決勝トーナメント(7月22-28日・平和リース、鴨池市民)進出を決めた。
 なお9日に予定されていた北薩地区大会は雨天のため10日に順延。10日予定の熊毛地区大会は悪天候が予想されるため11、12日に変更になった。10日は北薩、姶良伊佐地区の1回戦4試合がある。


◇9日の結果
・大島地区代表決定戦(徳和瀬)
徳之島 6-2 奄美
大島 7-1 沖永良部

◇10日の試合
・北薩地区1回戦(川内)
10:00 出水工-れいめい
13:00 出水商-川内

・姶良伊佐地区1回戦(姶良)
10:00 鹿児島高専-国分
13:00 蒲生-加治木








[球夏2020大島地区大会最終日]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

球夏2020大島地区大会第1日
徳之島、沖永良部が代表決定戦へ
KAPLI

 2020鹿児島県夏季高校野球大会大島地区大会第1日は7月8日、徳之島町の徳和瀬球場で1回戦2試合があった。
 第1試合は徳之島が序盤から優位に試合を進め、中盤、喜界の追い上げにあうも、5、6回に2番・太良瞭希主将(3年)の連続二塁打などで加点し、突き放した。
 第2試合、6回まで1安打に抑えられていた古仁屋・与論が先頭の5番・板倉利希(1年)が二塁打で出塁。暴投で1点を返した。その裏、沖永良部は集中打を浴びせ、1番・森田裕源主将(3年)のセンター前タイムリーで7点差とし、コールド勝ちした。
 最終日は9日、同球場で代表決定戦2試合があり、決勝トーナメント出場チームが決まる。


◇8日の結果
・1回戦(徳和瀬)
徳之島 8-4 喜界
沖永良部 8-1 古仁屋・与論(7回コールド)

◇9日の試合
・代表決定戦(徳和瀬)
10:00 奄美-徳之島
13:00 沖永良部-大島








[球夏2020大島地区大会第1日]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

感染防止に経費支援(奄美新聞掲載)
感染防止対策に経費支援
飲食店、宿泊施設


 鹿児島市を中心に新型コロナウイルスによるクラスターが発生したことを受けて県は7月8日、飲食店や宿泊施設における感染防止策にかかる経費に対して支援すると発表した。三反園訓知事が県庁で会見して明らかにした。

[感染防止に経費支援(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 朝、何気にスマホのメールをチェックすると「配送センター」なるところからメールが届いていた。荷物を届けたが不在だったので預かっている。「再配達の指定はこちら」とURLが記載されていた。



[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

第75回県陸上選手権最終日
坂元(舞鶴中)が26年ぶりに県中学新更新!・男子J八百
バイレ(神村学園高)は国際県記録樹立・女子五千

200705-1

200705-2

200705-3
 第75回鹿児島県陸上選手権大会最終日は7月5日、鹿児島市の白波スタジアムであった。
 男子ジュニア八百では坂元龍晟(舞鶴中)=写真上=が1分54秒74で1994年以来26年ぶりに県中学記録を塗り替えた。2位の今井蓮(鹿児島高)も大会新記録だった。女子五千ではバイレ・シンシア(神村学園高)=写真中=が15分14秒30を出し、自身の持つ県国際記録を更新し、千五百と合わせて2冠を達成した。
 男子五千の徳丸寛太(鹿児島実高)=写真下=も千五百と合わせて2冠だった。女子ジュニアB砲丸投は優勝した角井けせら(鹿児島南高)の10m89をはじめ上位3人が大会新記録だった。


※成績の詳細はこの文字をクリック!



[第75回県陸上選手権最終日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ